求人募集

0歳~3歳で
大事なこと

この時期は骨格が幼弱で隙間も多くやわらかく発生していない骨まであります。そのわりに頭だけが非常に大きくアンバランスです。寝ている時間も長く重力をもろに受けてしまいます。 多くの原因となることがここから始まってしまいます。

3歳~6歳で
大事なこと

この時期は下顎骨は未熟で前後左右の下顎のずれは100%仮性のずれです。 しかし仮性のずれでも噛みしめるたびに下顎は元の位置に戻ろうとし歯を押し倒してしまい、それに伴い骨格の成長が阻害されてしまいます。

6歳~10歳で
大事なこと

一般的には6歳で上下左右6が生えそろい下顎の11が生えてきます。 しばらくたち上の前歯と下の前歯の両隣の歯が同時期に交換し7歳後半ぐらいに上の前歯の両隣の歯が生えます。 一期治療の目的はここまで作ることです。

 

お子様の歯並び、矯正専門歯科である当院におまかせください

お子様の歯並びが乱れていても、「生まれつきだから……」と諦める必要はありません。噛み合わせは、遺伝ですべてが決まるわけではないのです。指しゃぶりや舌癖、口呼吸、寝るときの姿勢など、成長に伴うさまざまな要因によって、歯並びに“ちょっとしたずれ”が生じてしまうこともあるのです。

日々の成長を見守りながら正しいメンテナンスをしていくことで、お子様が本来持っている「成長する力」を正しく引き出すことができます。永久歯がすべて揃った中学生以上のお子様でも、噛み合わせを改善し、歯並びを整えることは充分可能です。

0~3歳までの歯並びが良い歯並び・悪い歯並びに決まります。

辻村矯正歯科では、0歳~3歳までの歯並びで良い歯並び、悪い歯並びが決まる、と患者様にご説明しております。歯には前に倒れる性質とかみ合わせを求めて上に伸びあがる性質があります。歯はバランスの取れる位置に日々移動しています。その歯により関節の位置も決まっています。歯が無くなり放置しておくと 大変なことになってしまいます。

お子様の歯並びは、親御さんにとってとても気にされる発育のひとつだと思います。
毎日きちんと歯ブラシをしていても、歯並びは残念ながら整いません。
当院では、歯並びを子育て支援として、矯正を受けなくても良い歯並びを作る。
こちらをおこなっていきたいと思います。
まずは、お子さんのクセや食生活などをお聞かせ下さい。
お話を伺う事から、子育て支援ははじまります。
是非、ご両親ご一緒にご来院下さい。スタッフ一同お待ち申し上げております。

 

当院のシステム

tiffany outlet on line escarpin louboutin pas cher louboutin pas cher femme nike tn requin pas cher scarpe louboutin outlet scarpe hogan outlet nike tn requin pas cher scarpe hogan outlet tiffany outlet on line chaussure louboutin pas cher chaussure jordan pas cher air max 90 pas cher scarpe hogan outlet scarpe hogan outlet outlet hogan italia louboutin pas cher soldes chaussure jordan pas cher chaussure air max pas cher louboutin outlet nike tn requin pas cher